インタンジブルを深める




   情熱  
   
 

私の大好きな彫刻家カミーユ・クローデルを紹介します。ロダンの弟子でロダンの霊感の源泉であったカミーユは、巨匠の恋人、一時は公式の妻といわれるまでになりましたが、内縁の妻ローズを捨てられないロダンから離れます。 そして、ついには独立して、ロダンを超える彫刻家と言われるまでになったのですが、彫刻とロダンへの二つの情熱に心身をむしばまれ、30数年精神病院に閉じ込められて過ごすという過酷な運命を生きました。情熱に引き裂かれたカミーユが不断の芸術的な挑戦をして彫りあげた「サクンタラ」という彫像を見ると胸が痛みます。

ワグナーのオペラと築城に取りつかれて、国庫金を傾け、王の座を追われて湖で謎の死をとげたバイエルンのルードウィヒ2世。宮殿と家族から離れ、生涯を旅に明け暮れ、異国で暗殺されたオーストリア=ハンガリー帝国の最後の皇后シシーことエリザベート。オペラの女神(ディーバ)カラスはオナシスに情熱をささげたが故に歌を捨て、世を捨て、たった一人、パリのアパートに引きこもり、寂しい人生の最後を送り、謎めいた死を遂げました。芸術家も、王侯、貴族も情熱を焦げ付かせてしまったゆえに悲劇的な人生を終えた人が何と多いことでしょう。

あなたの前に表れた対象となる物、事、人に着火され、あなたの心は燃えはじめます。もっと、広く、深く知りたい、手に入れたい、体験したい、と思い、その過程で快感、喜び、満足を覚え、好奇心がさらに湧き上がり、限りなく、探求や追求をしたくなります。情熱の熱い激しい感情は激情、熱情、熱愛、熱中、熱狂となって激しい炎を吹き上げます。いちずな情熱家は燃やしたエネルギーの分量の喜びを得るかわりに、リスクも引き受けることになります。情熱を燃やす過程では、アドレナリンやフェロモン、エンドルフィンを一挙に使いすぎて枯渇しないように調整も大事です。

仕事も、趣味も、スポーツも、恋愛、あらゆる芸術、化学、宗教、など対象の範囲は無限です。あなたは限りないインタンジブル・エネルギーを燃やして、全身全霊を傾けるのですから、間違った対象物を選ばないように心がけねばなりません。

情熱というインタンジブル・エネルギーには対象物との距離感、冷静さ、理性、客観的な観察が必要です。そうでないと、盲目的になり、まわりを巻き込み、燃え尽き、心身障害を引き起こしたりします。リスクがあるとはこういうことなのです。情熱が適温であれば、素晴らしいカリスマ性を放ち、皆を引っ張るよきリーダーにもなれ、燃やした情熱の見返りに、満足のゆく結果を得て、人生は実り豊かなものになるのですが、熱しすぎれば、独裁者、人格障害、ストーカー、ヒステリー、燃え尽きシンドローム、パニック症候群にも陥ります。なかなか手ごわいエネルギーです。いい情熱を燃やすには、モノ、事、人に自己コントロールしながら、他人の意見も聞くなどして、時には、情熱を冷やしながら対象物に向かうことが大切です。

日本には良い諺があります。「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」...
きっと、燃やしすぎた人が残してくれた諺なのかもしれません。

 
                                                        K.Yamakawa